会社案内

社長あいさつ

株式会社タナカファクトリー社長 田中 忠幸

タナカファクトリーの企業力

当社は昭和54年、私の父であり現会長である田中繁次が、東大阪市内に貸工場を借り溶接業からスタートした会社です。それから約30年。お取引をいただいている企業様のご支援により、順調に成長を遂げることができました。

当社の成長の歴史は、人材と設備の歴史といえます。

当社では社員ひとり一人が互いに刺激しあいながら、切磋琢磨していくことに懸命です。チーム一丸となって連帯をはかり、あらゆる問題に対して改善提案を掲げ、不良対策や有効活用にもチームで取り組みます。最近の取り組みでは、整理・整頓・清掃・清潔・しつけの『5S活動』を社員が率先して行っています。これらあらゆる業務を円滑に推進させる基本となるのは、社員の連帯力―これこそが、私たちの企業力だと考えます。

社員の力をさらに高度な次元で実現するのが我々の設備です。常にその時代の最新設備を導入し、メカトロニクス、エレクトロニクス、ソフト技術の融合をはかり、生産ラインの省力化、機械化を推進してきました。多様な領域で必要とされる高度な技術力を蓄積し、お客様のご要望を満たせる信頼性の高い製品づくりに取り組んでおります。

今後は、製造・加工業に企業としての価値を見出すにとどまらず、基礎研究から応用技術の開発を積極的に行い、創造力ゆたかなオンリーワン企業として、未来に向かってつねに変革し続けたいと私たちは考えています。そのためには、今まで培ってきたさまざまな経験と社員たちの無限大の力を基に、あらゆる課題や問題をひとつずつクリアしていかねばなりません。

田中工作所として創業以来、30年近くも育んできたファクトリー・スピリットを、これからもいかに大切に養っていくのか、またいかに伝えていくか。常に原点にたち返り、同時に未来を見据え、私たちがあるべき真の姿を構築していきたいと考えます。

タナカファクトリーを今後ともご愛顧いただきますようお願い申し上げます。

株式会社タナカファクトリー代表取締役 田中 忠幸

社長インタビュー動画

※インタビュー内容の音声が出力されます。

 

※インタビュー内容の音声が出力されます。

 

※インタビュー内容の音声が出力されます。